【履修登録の25個のコツと神アプリ】大学で楽してフル単する方法【楽単】

履修登録25個のコツと楽してフル単する方法 大学生活
シキちゃん
シキちゃん

大学で上手く授業を組むコツが知りたい!

そんな人におすすめです。

ども!GPAは3後半、ジョーシキブログ(twitter:@joshikiblog)です!

履修登録は大学生活の中でトップレベルに重要なイベントです。

履修登録で授業期間の生活が決まり、成績が決まり、人生が決まる可能性があります。

また、大学での成績は履修登録の時点で半分以上は決まると言っても過言ではありません。

これから履修科目を決める人、大学1年生で初めて履修登録をする人は必見です。

謎の男
謎の男

少し量が多いから、目次を見て興味のあるものだけ読むのが良いかも。

この記事を書いた人

【さあ、世界を見に行こう。】/理系大学生ブロガー
学校では教えてくれなかったけれども、人生には必須の「お金」「IT」「科学」についての常識を日々解説します。
大学では、数学を用いて社会のシステムを最適化する数理最適化や、金融工学などを専門とし、日々最新の知識を吸収しています。
金融、IT、科学リテラシーをあげたい方にとても役立つ記事を発信するので、ともに成長していきましょう!

ジョーシキブログをフォローする
  1. 履修登録とは
  2. 履修登録をする具体的な4つの手順
    1. STEP1:履修登録に役立つアプリPenmarkをインストール
    2. STEP2:自分の進級条件・必修科目をチェックし、どのくらい授業を取るかを決める
    3. STEP3:空いているコマで楽単探し。楽単情報を制すものが大学生活を制す。
    4. STEP4:チェックと履修申告
  3. オンライン/対面授業での履修登録のコツ13選
    1. ①1限は入れない (対面・リアルタイム授業)
    2. ②連続で4コマはNG。3コマが限界(対面・リアルタイム授業)
    3. ③昼休みに隣接したコマはどちらか空ける(対面・リアルタイム授業)
    4. ④空きコマを2つ以上空けない
    5. ⑤楽単を狙う
    6. ⑥試験と期末レポートの配分を考える
    7. ⑦全休日を作る
    8. ⑧前期・後期を両方考える
    9. ⑨友達と一緒の授業を取る
    10. ⑩理系は実験のない半期に授業を多くする
    11. ⑪1、2年のうちに単位をたくさんとる
    12. ⑫オンライン授業と対面授業に注意する
    13. ⑬結局、自分の好きな授業を取る
  4. 良い授業(楽単)を探す方法7選
    1. ①情報収集が命。
    2. ②出席点が高い授業を探す
    3. ③軽いレポートもしくは簡単な試験で成績が決まる授業を選ぶ
    4. ④持ち込み可能な試験の授業
    5. ⑤友人がすでに取った授業の感想を聞く
    6. ⑥去年の履修抽選結果を調べる
    7. ⑦履修予定者が多い授業
  5. フル単をするための5つの注意点
    1. ①欠席しない
    2. ②レポートは毎回出す
    3. ③無理して満点を狙わない
    4. ④試験1週間前から試験モード
    5. ⑤履修取り消し制度を使う
  6. まとめ

履修登録とは

履修登録とは、自分が受ける授業を大学に申告することです。

高校までは学校が時間割を決めてくれていましたが、大学からは自分で授業を決めて大学に申請します。

この履修登録を忘れると自分の受けたい授業を受けられなかったり、最悪留年につながるので注意が必要です。

履修申告 頑張る人と頑張らない人

そして、授業を自分で選べるということは自分の選び方次第で大学生活が大きく左右されるということです。

なので、慎重に、よく考えて行う必要があります。

履修登録をする具体的な4つの手順

履修登録は通常、授業期間の少し前に始まります。

ジョーくん
ジョーくん

忘れると大変なことになるから、よく注意しておくんだ!

履修申告の具体的な手順

STEP1:履修登録に役立つアプリPenmarkをインストール

履修登録に得に役に立つのが、時間割アプリ「Penmark」です。

時間割アプリ「Penmark」| 大学生のための履修管理SNS
Penmark(ペンマーク)は、大学ごとに最適化された時間割アプリです。公式シラバスをもとにした時間割作成機能や、学生同士で予定を共有できるカレンダー機能、授業ごとに個別に作成されるトークルーム機能などにより、学内におけるあらゆる情報共有を円滑化します。

このアプリは全ての4年生大学に対応していて、

・自分の大学の授業データから時間割を作成できる
・ノートや出席、課題やレジュメも履修管理がこのアプリ一つで完結
・授業内トークで情報収集ができる
・仮想キャンパス(Twitterのようなもの)で同級生と繋がれる
・アプリ会員限定のプレゼントキャンペーン

などなど、大学生にとても嬉しいサービスです。

友達の時間割を覗くこともできるので、僕も大学1年生の時からこのアプリを使って相談しながら履修登録をしています。

インストールはこちら⇨Penmarkをインストールする

STEP2:自分の進級条件・必修科目をチェックし、どのくらい授業を取るかを決める

次に自分が取らなければいけない授業を確認しましょう。

必修の授業や授業の単位数が進級条件に達していないと、留年や再履修といった悲劇が起こります。

僕の先輩で、1年間一つの単位も落とさずフル単したのにそもそも取得単位数が進級条件に達していなくて留年した人がいたので本当に気をつけましょう!

このプロセスが終わったら、必修以外の授業をどれくらい取るかを計算します。

ここで重要なのは、

卒業に必要な単位数から逆算をしてプランを立てること

例えば、卒業に132単位必要なのであれば、単純に4年間で割って1年あたりは33単位くらい必要だ、などです。

シキちゃん
シキちゃん

2年生に上がるには30単位が必要で、必修が12単位あるから残りの18単位分を必修以外から取ろう・・・!

申請できる単位の最大数、進級条件、必修などを考慮してプランを立てましょう^ ^

ジョーくん
ジョーくん

上級生になると就活や卒業論文などで忙しくなるから、なるべく1,2年の間に多く取っておいた方がいいぞ!

 

ちなみにジョーシキブログは卒業までに138単位必要で、1年生の時に54単位まで取ることができたのですが、50単位取りました。

STEP3:空いているコマで楽単探し。楽単情報を制すものが大学生活を制す。

これが履修登録の肝となる作業です。

楽単とは、「単位を取得するのが比較的簡単である授業」のことで、例えば出席点が大きかったり、期末試験が過去問と同じであったり、そもそも難易度が低い授業などが楽単です。

自分の取ることができる授業の中から、どれが楽単なのかを友達や先輩、Penmarkの授業レビューなどを参考に探していきます。

※すでに必修の授業が入っているコマなどには授業は入れられないので、必修以外のコマで探しましょう。

良い楽単の見つけ方、履修登録のコツは後で詳しく解説します。

情報戦です。ジェームズ・ボンドばりに情報を色々なところから仕入れましょう。

シキちゃん
シキちゃん

楽単をなるべく多く取ることで単位を取りやすくなり、大学での生活が楽になるわ!

STEP4:チェックと履修申告

履修申告をする前に必ず最終確認をしましょう。

遠足は家に着くまでが遠足ですが、履修申告は申告と最終チェックまでが履修申告です。

また、履修申告を期間内にしないと履修できなくて留年したり、楽単は残っていないので単純にキツくなります。

履修申告期間は必ず確認しておきましょう。

オンライン/対面授業での履修登録のコツ13選

ここでは13個ほどまとめました。全てを厳密に守る必要はありませんが、意識しておくだけでも良い時間割を組むことができます。

履修登録のコツ

一部オンライン授業でも当てはまるものに関しては、見出し部分に当てはまるオンライン授業の形態を記しておきます。

・オンデマンド:録画の授業動画を好きな時間に見られる形態

・リアルタイム:本来の授業時間通りにオンライン授業を行う

①1限は入れない (対面・リアルタイム授業)

1限は可能な限り空けましょう。

不思議なことに、高校生の時は起きれていた時間に大学生になると起きられなくなります。(経験談)

高校1年生の時は余裕で間に合っていたのに、3年生になると遅刻ギリギリに登校していたような人は1限の授業は危険です。

ジョーくん
ジョーくん

早起きは得意!という人にしか1限はおすすめできないよ

②連続で4コマはNG。3コマが限界(対面・リアルタイム授業)

連続で4コマ詰めると人は死にます。

昼休みを挟んでいたとしてもきついので、連続は多くて3コマまでにしましょう。

③昼休みに隣接したコマはどちらか空ける(対面・リアルタイム授業)

昼休みに隣接したコマは、どちらかを空けると昼休みを長く取れるのでゆとりができます。

食堂や昼ごはんを買いに行くと少しバタバタするので、ゆっくりしたい人は空けておきましょう。

④空きコマを2つ以上空けない

空きコマとは、授業が入っているコマの間の何もないコマのことです。

空きコマの具体例

この例のように、2限の次の授業が5限となるとめちゃくちゃ暇です。

もったいないので2つ以上空きコマを連続させないようにしましょう。

⑤楽単を狙う

これが最も重要です。

自分のありとあらゆる情報網を駆使し、楽単を探します。

注意点をいくつか挙げると、

・楽単は人気があるので抽選になる可能性がある
・今まで楽単だったからといって絶対今年も楽単というわけではない
・自分の興味がないことは楽単でもやる気が出ない
単純に楽単だから履修しよう!とならないように注意してください。
楽単の探し方は後で詳しく解説します。

⑥試験と期末レポートの配分を考える

授業によって成績評価の方法が異なりますが、試験で決まる授業を取りすぎると試験期間が大変になります。

かといってレポートばかりでも大変なので、授業のシラバスを見ながらバランスを考えましょう。

⑦全休日を作る

全休日とは、授業が何も入っていない日のことです。

必修の授業を確認した時点で全休にできる日があれば、その日を死守しましょう。

空いている日は友達と遊んだり、溜まった課題を片付けたりします^ ^

ジョーくん
ジョーくん

週休3日になると本当に時間にゆとりができるよ!

⑧前期・後期を両方考える

履修申告が半期ごとにある場合、半期分だけを考えると偏った時間割になりかねません。

しっかり1年分の計画を通して立てることが大切です。

⑨友達と一緒の授業を取る

友達が同じ授業にいると相談や一緒に勉強といったことができるので頼もしいです。

過去問を得られる可能性も上がります。

友達がいない人は、Penmarkやその場で作りましょう。

大学で友人を作る方法はこちらの記事をチェック!

【話す力】大学での友達づくりが上手くなる方法【人は話し方が9割】
大学での友達作りが上手くいかない、もっと話せるようになりたい、沈黙が怖いという方に向けた記事です。話す内容よりも話し方を見直すとトークは上手くなります。その具体的な方法をベストセラー「人は話し方が9割」を参考に解説しています。

⑩理系は実験のない半期に授業を多くする

理系学生にとって実験は大きな敵です。

実験があると実験レポートの作成にとても時間がかかるので、他の教科の課題まで影響が出ます。

シキちゃん
シキちゃん

実験が忙しさを決めていると言っても過言ではないわ。

⑪1、2年のうちに単位をたくさんとる

3、4年生になると就活や卒業論文で忙しくなります。

人生を決める就活期に集中するためにも、1、2年生のうちは取れるだけ単位をとっておくのが普通です。

僕も現在2年生ですが、3、4年生は必修の授業のみで卒業できる予定です。

シキちゃん
シキちゃん

ちゃんと1、2年で頑張れば、4年生の時に大学に行くのは週1日だけ、というのもできるのよ!

⑫オンライン授業と対面授業に注意する

今はオンライン授業と対面授業を併用している大学も多く、ちゃんと授業形態を把握しないと失敗します。

例えば、2限はオンラインのリアルタイム授業、3限は対面授業となってしまうと、

本来なら3限から大学に行けば良いのにリアルタイム授業がその前にあるために2限に間に合うように大学に行くことになってしまいます。

⑬結局、自分の好きな授業を取る

楽単でなくても、たとえ忙しい授業であったとしても、自分が興味のあることや好きなことについての授業はとことんやれますよね。

いくら楽単でも、自分の興味のないことだと退屈だし、学びにもなりません。

僕も1年生の時に楽単ではなかったけれど、好きな先生の授業を取りました。

結局大変ではあったものの、授業は面白かったし何も負担にはなりませんでした。

ジョーくん
ジョーくん

好奇心は最大の原動力だよ!

以上の13のコツを踏まえて、去年僕が1年生の時にPenmarkを使って実際に組んだ授業時間割をお見せします。

実際の時間割

これは秋学期の時間割で少し授業が少なく、全てオンライン授業でしたが、

  • 連続4コマがない
  • 連続2コマ以上の空きコマがない
  • 金曜日が全休なので毎週3連休

など、ポイントをしっかり抑えられていたためGPAも3後半、課題も余裕を持ってこなせました。

良い授業(楽単)を探す方法7選

ここからは、良い時間割を組むための最重要事項である楽単を探す方法について解説します。

楽単を探す方法とコツ

①情報収集が命。

楽単探しは情報戦です。

友達、先輩、本、過去のアンケート、そしてPenmarkなど、ありとあらゆる手段を尽くしましょう

授業期間によくわからない課題に時間を費やしたくなかったら、履修を組むときによく考えて、よく調べ、楽単を見つけるべきです。

他の大学ではわかりませんが、慶應義塾大学では「リシュルート」という授業レビューをまとめた本が売っているのでそれもおすすめです。

シキちゃん
シキちゃん

情報を仕入れる時は必ず複数人のレビューを参考にしよう!

②出席点が高い授業を探す

出席点が高い授業は出席するだけである程度成績がもらえたりします。

また、出席で稼いでおけば試験で仮に失敗したとしても単位を落とすことはありません。

シラバスをよく確認しましょう。

③軽いレポートもしくは簡単な試験で成績が決まる授業を選ぶ

簡単な試験は内容が簡単なだけでなく、過去問とほぼ同じであるとか、内容があらかじめリークされているものなどを指します。

試験期間中は試験が集中するのでとても忙しくなるので、こういった授業はとてもありがたいです。

レポートで成績が決まる授業でも、文字数制限が厳しいものも多くあります。

「授業でやったことを踏まえて、〜について20000字以上で論じよ」と言われても困りますよね。

ジョーくん
ジョーくん

試験期間と重いレポートが重なったら最悪だからよくシラバスを見よう・・・

④持ち込み可能な試験の授業

授業によっては、ノートや教科書を持ち込める試験があります

持ち込みができれば暗記は必要がないので単純に試験勉強が楽ですよね。

普段からノートをしっかり取らないといけないというのが唯一のデメリットになります。

⑤友人がすでに取った授業の感想を聞く

友人は大切です。

友人がすでに取った授業であれば、ネットのレビューよりも詳しく話を聞くことができます。

自分が取りたい授業を友人が取っていたかはPenmarkで確認することもできます。

時間割アプリ「Penmark」| 大学生のための履修管理SNS
Penmark(ペンマーク)は、大学ごとに最適化された時間割アプリです。公式シラバスをもとにした時間割作成機能や、学生同士で予定を共有できるカレンダー機能、授業ごとに個別に作成されるトークルーム機能などにより、学内におけるあらゆる情報共有を円滑化します。

インストールはこちら⇨Penmarkをインストールする

⑥去年の履修抽選結果を調べる

大学によっては去年の履修申告時の抽選結果を公表しているところもあります。

そもそも抽選になる授業は人気があるということなので、楽単である可能性が高いです。

また、倍率も大体わかるのでリスクとリターンを計算することもできます。

ジョーくん
ジョーくん

倍率の高い楽単ばかり申請すると抽選に落ちて人気のない授業ばかりとる羽目になるから気をつけるんだ!

⑦履修予定者が多い授業

同じ大学の人がPenmarkで時間割を作成している場合、誰が、そしてどのくらいの人がその授業を取ろうとしているのかがわかります。

抽選前に定員に見合わない多くの人が時間割に入れている授業は楽単である可能性が高いです。

また、友達が履修予定に入れていたらその授業についての情報を持っているかもしれないので連絡するという手もあります。

とにかく、Penmarkで周りの人の動向を伺うのはとても役に立ちます。

ジョーくん
ジョーくん

ここまででPenmarkの便利さがわかったかな?

フル単をするための5つの注意点

最後のトピックはフル単をする方法についてです。

フル単をする方法 落単しない方法

結論、普通に授業受けて、やることをちゃんとこなしていればフル単できます。

①欠席しない

今日はなんか気分じゃないから行かなくていいや。

この言葉は落単への第一歩を踏み出す合図です。

一回サボるとサボりグセがつき、気づいた時には出席点が足りずに落単ということが多々あります。

シキちゃん
シキちゃん

授業は全部出る!出ないのがかっこいいと思っている男子、カッコ悪いわよ。(辛辣)

②レポートは毎回出す

毎回レポートが出題されるような授業では、しっかり期限までに出しましょう。

遅れても多少減点されますが、出さないよりはましなはずです。

中にはレポートを出さないと出席点が入らないものもあるので注意してください。

③無理して満点を狙わない

毎回のレポートや試験は満点を取る必要はありません。

80点を取るのは簡単ですが、100点を取るにはその倍以上の労力と時間がかかります。

細かいところを覚えたり、100点を狙って余計なリサーチをするよりも他の教科を80点にすることに時間を費やした方が全体の成績は上がります。

完璧主義の人によくあるのが、満点を狙いに行ったせいで逆に良い成果を得られないことです。

あのFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグもこう言っていました。

Done is better than perfect.(完璧よりもまずやりきれ)

この気持ちで課題に取り組むと心が軽くなります。

それに合わせて点数も少し軽くなります。

④試験1週間前から試験モード

高いGPAを狙う人は2週間前くらいからやり始めますが、先程の満点を狙わない方法でいくと1週間前から始めれば十分です。(理系の場合)

普段からしっかり授業を受けて、課題も出していればそんなに試験勉強も大変ではありません。

また、大学の試験期間は高校までとは違って長くて試験のある日がまばらであることも多く、試験期間中に勉強する余裕もあります。

ですが、「気づいたら前日だった!落単確定や!」という悲劇をなくすためにも、1週間前には取り組みましょう。

⑤履修取り消し制度を使う

自分が合わないなと思った授業は容赦無く取り消しましょう。

自分が仕入れた情報とは違った、今年から授業が変わった、思ってたのと違ったなどもあり得ます。

履修取り消し制度がある大学は期間を確かめ、積極的に利用しましょう。

僕も面白そうだなと思って取った授業で、毎回授業で考えたことを送るという課題があったのですが、毎回普通に考えているのに「面白い発想ですね。珍しいです。」と返され、(あ、合わないな)と感じたので履修を取り消しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回のコツを全て守れば、とても良い時間割を組めるはずです。

時間割アプリPenmarkも大活躍するので、インストールするととても役立ちます。

インストールはこちら⇨Penmarkをインストールする

 みなさんの大学生活が素晴らしいものになることを願っています!

ジョーシキブログ(twitter:@joshikiblog)のツイッターでは、毎日大学生に役立つ「お金」「IT」「科学」「大学生活」についての情報を発信しているので、ぜひ一回覗いてみてください^^

ではまた、次のジョーシキで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました